海外渡航・帰国・出張・旅行・帰省前のPCR検査
(陰性証明書・緩和陰性証明・診断書)

新型コロナウイルスPCR検査
新型コロナウイルスPCR検査
全世界対応

新着情報

2022.7.14フィリピン渡航の要件について

2022年7月11日、フィリピンへの渡航要件についての注意点が以下の通り発表されております。
当院では、フィリピンへの渡航証明は、既に多くの方の検査・発行実績を有しており、出国前48時間以内の要件を満たした検査をお受け頂くことができますので、下記よりお申込・お問い合わせくださいませ。

================
【本文】 1 5月26日及び6月2日(訂正)に当館から案内しました「(その207:外国人のフィリピンへの入国に係る要件等:変更)(5月26日発表)」について、完全にワクチンを接種した12歳から17歳の外国人は、陰性のRT-PCR検査結果、または出国前24時間以内に受けた陰性の抗原検査結果の提示を免除されるとフィリピン政府から発表があったとの案内をしましたが、今般、陰性のRT-PCR検査結果を提示しないとして入国が認められなかったという事例が発生しています。
2 現在、関係当局への確認を行っており、確認でき次第、改めて案内させて頂きますが、現時点においては12歳から17歳の外国人も出発国出国前48時間以内の陰性のPCR検査結果、または出国前24時間以内に受けた陰性の抗原検査を所持してフィリピンに入国されることをお勧めします。
================

引用:在フィリピン日本国大使館

【時間】
①検査予約枠09:00~09:45/報告 当日14:00~
②検査予約枠10:00~11:45/報告 当日16:00~
③検査予約枠13:00~14:45/報告 当日18:00~
④検査予約枠15:00~16:45/報告 翌日10:00~
⑤検査予約枠17:00~17:15/報告 翌日10:00~

【取扱検査】
・来院検査
・持込検査
・郵送検査
・回収検査

【報告形式】
・原本(紙)
・PDFデータ(メール)

2022.7.11夏休み・お盆期間中の検査について

当院のPCR検査は、夏休み・お盆期間も土日祝日含め休まず検査を受付しております。
渡航に必要な陰性証明書も最短当日14時発行に対応しており、多くの方の検査・発行実績を有しておりますので、渡航スケジュールに合わせて検査にお越しくださいませ。

【時間】
①検査予約枠09:00~09:45/報告 当日14:00~
②検査予約枠10:00~11:45/報告 当日16:00~
③検査予約枠13:00~14:45/報告 当日18:00~
④検査予約枠15:00~16:45/報告 翌日10:00~
⑤検査予約枠17:00~17:15/報告 翌日10:00~

【取扱検査】
・来院検査
・持込検査
・郵送検査
・回収検査

なお夏休み・お盆期間前後のご予約については、国内外のご旅行、帰省等の目的で多くのお申込みが予想されるため、検査ご希望の方は下記よりお早めにお申込みください。

2022.7.4中国の渡航要件について

2022年7月1日より中国渡航前検査及び健康コード申請方法が変更されました。
当院は、経済産業省に登録(TeCOT)されている検査機関となりますので、変更後の「1回目PCR検査(搭乗予定日の2日前)」をお受け頂く事が可能です。なお、海外渡航に必要な証明の発行は、最短当日の受け渡しに対応しており、多くの方の検査・発行実績を有しておりますので、安心して検査にお越しくださいませ。

【費用】
唾液PCR検査検査        15,400円(税込)
鼻咽頭ぬぐい液PCR検査     18,700円(税込)
※検査費用に陰性証明書発行代込み(原本・PDF・QR付きいずれも対応可)

【時間】
①検査予約枠09:00~09:45/報告 当日14:00~
②検査予約枠10:00~11:45/報告 当日16:00~
③検査予約枠13:00~14:45/報告 当日18:00~
④検査予約枠15:00~16:45/報告 翌日10:00~
⑤検査予約枠17:00~17:15/報告 翌日10:00~

【取扱検査】
・来院検査
・持込検査
・郵送検査
・回収検査

【出発2日前の陰性証明(PCR検査:1回目)について】

適用開始日 日本から中国への渡航が 2022年7月1日以降~
対象者 日本から中国に渡航する外国籍・中国籍を含む全ての乗客(子供・高齢者であっても対象)
※日本以外から出発の場合は、出発地を管轄する中国の在外公館にご確認下さい
検査方法 PCR検査
有効な検査受検期間 搭乗2日前以内に受検したPCR検査の陰性証明書を取得
(検査日の計算方法は「搭乗予定日 - 2日 = 検査日」)
医療機関 中国大使館・総領事館が指定した 下記検査機関のいずれかのみ可能
① 長期に渡り中国渡航者に向けて検査を行っていた指定検査機関
② 経済産業省TeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター)に登録されている検査機関
※医療機関のリストは予告なく変更となる場合があります。必ず中国大使館・総領事館ホームページで最新のリストをご確認ください。
証明書言語 日本語、英語併記
証明書形式 下記が必ず記載されていること
・氏名
・生年月日
・パスポート番号(渡航に使用するもの)
・連絡先
・検体採取方法
・検体採取時刻
・検査方法
・検査結果
・検査機関の署名捺印
その他 ※新型コロナ感染歴がある方・濃厚接触者にあたる方等は、別途要件あり。詳細は中華人民共和国駐日本国大使館のページを参照ください。

2022.6.29アラブ首長国連邦(ドバイ)の渡航要件について

アラブ首長国連邦(ドバイ)への渡航要件が以下の通り発表されております。
当院では、当初より最短当日の結果報告にも対応しており、またQRコード付きの陰性証明書発行にも対応しているため要件を満たすPCR検査をお受け頂くことができます。
アラブ首長国連邦(ドバイ)への渡航証明は、既に多くの方の検査・発行実績を有しておりますので、安心して検査にお越しくださいませ。

■ワクチンを接種していない場合、接種が1回のみの場合、WHOやUAEで承認されていないワクチンしか接種していない場合
以下の2点の内いずれかを携行する必要があります。

(1)出発前「48時間以内」のQRコード付きのPCR検査陰性証明(※紙媒体、データ表示いずれでも可。SMSは不可。)
(※これまで、日本から出発する場合は「72時間以内」の受検となっていましたが、2月26日以降は出発国を問わず「48時間以内」に短縮されましたので、十分に御注意ください。また、鼻咽頭検体が推奨されています。)
※陰性証明は、出発地で有効性が確認できるものであれば、他の言語で記載されていてもかまいません。

(2)QRコード付きの回復証明(a certificate of recovery from COVID-19)(※)
※ドバイへの入国日から1か月以内に新型コロナウイルスに感染し、回復した場合のみ有効。なお、日本国内での回復証明の発行の可否については、自治体や最寄りの保健所に直接お問い合わせください。

参考:在ドバイ日本国総領事館

2022.6.29台湾の渡航要件について

2022年1月4日より、台湾に入国する全ての方(入国を伴わないトランジットを含む)は、以下の条件を満たす陰性証明書が必要です。 当院では、当初より最短当日の結果報告にも対応しており、台湾渡航の要件を満たすPCR検査をお受け頂くことができます。 台湾への渡航証明は、既に多くの方の検査・発行実績を有しておりますので、安心して検査にお越しくださいませ。

有効期間 搭乗日含まず2日内に検査したもの
採取方法 唾液、鼻咽頭ぬぐい液
検査方法 分子生物学核酸検査(PCR、RT-PCR、NAA、NAT等)
言語 英語、中国語
指定用紙 なし
記載必須事項 パスポート記載の搭乗者姓名、出生年月日(あるいはパスポート番号)、検体採取日、検査日、疾病の名称、検査方法、判定結果



参考:衛生福利部疾病管制署ホームページ、外務省 海外安全ホームページ

「TJ Channel Thailand」
株式会社RSGは、
芝国際クリニックの提携パートナーです

法人様・個人様からのお問合せ

ご質問・ご不明点などお気軽にご相談ください。
複数名・団体での回収検査、請求書払いなど、柔軟に対応しております。

【ご注意】お申込み希望の方は、お申込みフォームよりお願いします。

芝国際クリニックの
PCR検査について

提携パートナー特別価格で検査が受けられます。

唾液PCR検査(陰性証明書込み)
14,000円(税込15,400円)
鼻咽頭ぬぐい液PCR検査(陰性証明書込み)
17,000円(税込18,700円)
抗原定性検査(陰性証明書込み)
13,000円(税込14,300円)
ハワイ州指定
陰性証明書用紙代
455円(税込500円)
追加証明書発行
3,000円(税込3,300円)
入国隔離期間中の
検査に伴う簡易報告書
0円(税込0円)

【ご注意①】
株式会社RSGは、芝国際クリニックの提携パートナーです。当サイトの「申込みフォーム」を通さず、直接クリニックにお申込み頂くと提携パートナー価格は適用できませんのでご注意ください。

【ご注意②】
当院では、発熱外来は行っておりません。原則、無症状の方を対象としております。
検査当日に以下に該当する方は、院内感染予防のため検査をお断りする場合もございますので予めご了承ください。

・せき、倦怠感などの症状がある方
・味覚、嗅覚に異常のある方
・37.5度以上の発熱
・その他、当院が院内感染予防の目的でお断りすると判断した方

【最短即日】検査結果・陰性証明書発行。「出発前24時間以内」要件も対応!

PCR検査
(リアルタイムRT-PCR法)
検査時間
9:00~10:00
検査時間
10:00~12:00
検査時間
13:00~15:00
検査時間
15:00~17:15
検査結果 当日14:00検査結果 当日16:00検査結果 当日18:00検査結果 翌日10:00検査結果
陰性証明書 標準書式(日・英)※QRコード対応可/ハワイ書式/ベトナム書式 他
その他 診断書/健康証明書/緩和陰性証明 他

※渡航先国によっては「陰性証明書」の他に、医師の問診による「診断書」や「健康証明書」の提出を求められる場合があります。当院ではこちらも対応しておりますのでお気軽にご相談ください。

※QRコード付きの陰性証明書をご希望の場合は、申込みフォーム「その他・お問合せ」にその旨を記載してお申込みください。QRコードのリンク先は陰性証明書のpdfデータとなります。 追加費用はかかりません。

※いずれの検査結果報告時間についても当院の再検査基準を満たした場合、再度検査を行うこととなりますので、検査結果のご報告までに通常よりお時間がかかります。再検査にかかる検体の追加提出および追加費用はかかりませんのでご安心ください。

芝国際クリニックはハワイ州指定医療機関です。

2020年10月28日現在国内で21院のみ指定
例)亀田総合病院、聖路加国際病院、東京医科大学病院 等

日本からハワイ旅行をする方は、日本を出発する72時間以内にハワイ州保健局 が指定する日本国内の医療機関で、厚生労働省により承認されているPCR検査を 含む核酸増幅検査(※NAT)を行い、ハワイ州保健局が指定する陰性証明書(英語)を提示すれば、ハワイでの10日間の自己隔離が免除されます。
ハワイ州保健局が指定する陰性証明書(英語)

海外渡航・出入国の最新情報まとめ

たくさんの渡航サポート実績があります。

北米・中南米

ハワイ、アメリカ、カナダ、キューバ、ブラジル、アルゼンチン、チリ、ボリビア、エルサルバドル、ドミニカ共和国、ハイチ、エクアドル、パナマ、コロンビア、ペルー、メキシコ

アジア・中近東

シンガポール、タイ、ベトナム、フィリピン、マレーシア、インドネシア、ミャンマー、ラオス、カンボジア、台湾、韓国、香港、パキスタン、ネパール、ウズベキスタン、タジキスタン、バングラデシュ、インド、ヨルダン、UAE、スリランカ、モンゴル、 東ティモール、カザフスタン、バーレーン、カタール、イラン、アルメニア、キルギス、モルディブ、サウジアラビア、イスラエル、ブータン

ヨーロッパ

イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、マルタ、オランダ、アイルランド、ベルギー、ハンガリー、リトアニア、エストニア、ブルガリア、スイス、チェコ、スロバキア、オーストリア、ウクライナ、トルコ、セルビア、ポーランド、クロアチア、ノルウェー、デンマーク、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ギリシャ、フィンランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ラトビア、スウェーデン、ロシア、ポルトガル、ジョージア、ベラルーシ、ルクセンブルク

オセアニア

オーストラリア、ニュージーランド、パプアニューギニア、ニューカレドニア、グアム、キリバス、サモア、フィジー、ソロモン諸島

アフリカ

ケニア、アルジェリア、南アフリカ、南スーダン、ナイジェリア、エチオピア、チュニジア、タンザニア、カメルーン、ギニア、ナミビア、ザンビア、エジプト、セーシェル、コートジボワール、ルワンダ、セネガル、モロッコ、マダガスカル、ジンバブエ、ザンビア、モーリシャス、ブルキナファソ

※当院では、世界中の陰性証明書に対応しています。上記以外の国が求める陰性証明書(英語)の発行も可能ですので、お気軽にご相談ください。

お申込みから検査当日の流れ

芝国際クリニックのご紹介

芝国際クリニック 院長

芝国際クリニック 院長

馳澤 憲二

◆東京大学医学部卒業 医学博士
◆昭和大学北部病院放射線医学講座前教授、昭和大学客員教授
◆KIN放射線治療・健診クリニックセンター長
◆放射線治療専門医、日本放射線腫瘍学会認定医

東京大学医学部卒業後、同大学附属病院にて助手、ガンマナイフの治験を行うなど、数多くの先進医療の導 入を手がけ、筑波大学陽子線医学利用研究センター講師等を経て昭和大学横浜市北部病院で放射線 によるがん治療を担当。
さらに日本でのがん免疫治療の創設者であった江川滉二先生と共に医科研で発癌と免疫治療の研究を行っていた、放射線 と放射線免疫療法の第一人者。 著書に「働きながら「がん」を治そう」(集英社新著)など。

芝国際クリニック受付

PCR検査・抗体検査 対応クリニック

・渡航医学会登録医療機関
・TeCOTビジネス渡航協力医療機関
・ハワイ州指定医療機関
・ベトナム政府PCR検査認定医院
・中国その他各国の指定医療機関(申請中)
・PCR陰性証明書QRコード対応検査機関

法人様・個人様からのお問合せ

ご質問・ご不明点などお気軽にご相談ください。
複数名・団体での回収検査、請求書払いなど、柔軟に対応しております。

【ご注意】お申込み希望の方は、お申込みフォームよりお願いします。

アクセス抜群の好立地!
羽田空港直通「浜松町駅」すぐ 
成田空港直通「大門駅」すぐ 
新幹線「品川駅」「東京駅」近く

〒105-0011 東京都港区芝公園2-3-3 寺田ビル1F
JR・東京モノレール羽田空港線「浜松町駅」 徒歩5分
都営浅草線「大門駅」 徒歩3分
都営三田線「芝公園駅」 徒歩3分
受付時間:10:00~12:00/13:00~18:00(完全予約制)

経路案内

「浜松町駅」からのアクセス

  • 「浜松町駅」からのアクセス
    「浜松町駅」北口を左側に出て通り沿いを右手に、「東京タワー」方面にまっすぐ進みます。
  • 「浜松町駅」からのアクセス
    「大門」の交差点を渡って、さらに「東京タワー」方面にまっすぐ進みます。
  • 「浜松町駅」からのアクセス
    「芝大門」の交差点をわたってまっすぐ進みます。
  • 「浜松町駅」からのアクセス
    左手「スターバックス」と「RichmondHotel」の看板が目印、寺田ビル1階が「芝国際クリニック」となります。

「大門駅」からのアクセス

  • 「大門駅」からのアクセス
    「大門駅」A3出口を出て左に進みます。
  • 「大門駅」からのアクセス
    「大門」の交差点を左にまがって「東京タワー」方面にまっすぐ進みます。
  • 「大門駅」からのアクセス
    「芝大門」の交差点をわたってまっすぐ進みます。
  • 「大門駅」からのアクセス
    左手「スターバックス」と「RichmondHotel」の看板が目印、寺田ビル1階が「芝国際クリニック」となります。

「芝公園駅」からのアクセス

  • 「芝公園駅」からのアクセス
    「芝公園駅」A3出口を出てすぐ右にまがります。
  • 「芝公園駅」からのアクセス
    大通り「日比谷通り」を左手にまっすぐ進みます。
  • 「芝公園駅」からのアクセス
    「増上寺前」の交差点を右にまがってまっすぐ進みます。
  • 「芝公園駅」からのアクセス
    右手「スターバックス」と「RichmondHotel」の看板が目印、 寺田ビル1階が「芝国際クリニック」となります。